自分で美容室を持つまでの道のり

美容師であれば、誰もが自分のお店を持つことを憧れるでしょう。美容室を持つまでにどんな苦労があるのでしょうか? - 実行する前に知っておきたい美容室を経営するメリットとデメリットとは?

実行する前に知っておきたい美容室を経営するメリットとデメリットとは?

美容師にとって自分の店を構えると言うことはあるひとつのゴールであると言えます。だからこそ個人で店を経営していくメリットとデメリットをしっかり把握しておく必要があるのです。

美容室を開店するメリット

なんといってもやはり自分のやりたいように自由に出来ると言うのが最大のメリットでしょう。従業員として勤めていたときに「もっとこんな風なサービスがあったらな」とか「自分なりの接客の特色をもっと強く出したい」このような思いを持つことは少なくありません。自分の店を持つと言うことはコンセプトからサービスの内容まで全て自分の思うままに決められるのです。
一方フランチャイズの店長になると言う方法もあります。従業員よりは比較的に自由度はあがりますが、メニューなどは決められたものを使わなければいけないことが多いです。自分なりの独自メニューで勝負したいなら個人経営がオススメです。

美容院を開店するデメリットとは

やはりメリットと裏返しで自由な分その責任があなたにかかるということです。例えばスタッフが急病になって出勤できなくなったらその代わりに休日返上で働かなくてはいけないですし、資金のやり繰りの苦労ももちろんあるでしょう。様々な問題を自分の手で解決していかなくてはいけないのです。
フランチャイズなら何か問題が起これば本部に指示を仰ぐことも出来ます。しかし完全独立型の店舗の場合はそういうわけには行きません。

協力していくとが大事

美容師かつ経営者として働くので負担は以前よりも大きくなります。ひとりで抱え込まずいろんな人に助けてもらう心のゆとりが一番必要なことなのかもしれません。例えばホームページはウェブデザイナーに税金や会計処理は会計事務所に任せて少しでも負担を減らすようにするのがオススメです。

関連する記事