自分で美容室を持つまでの道のり

美容師であれば、誰もが自分のお店を持つことを憧れるでしょう。美容室を持つまでにどんな苦労があるのでしょうか? - 美容院のフランチャイズオーナーっていったいどんなシステムなの?

美容院のフランチャイズオーナーっていったいどんなシステムなの?

自分の美容室を持ちたいとき、美容院フランチャイズのフランチャイズオーナーになる方法もあります。ここでは美容院のフランチャイズについて紹介していきます。

まずフランチャイズとは何?

フランチャイズとは事業展開の方法のひとつです。フランチャイズ事業本部が自分たちの事業を拡大していくにあたり加盟店と契約を結び、一定の地域で独占販売権を与えるという方法です。

フランチャイズオーナーのメリット

フランチャイズのメリットはやはり少ない資金で美容院の店長になれるということです。そしていろんなものを本部が用意してくれるので、経営のノウハウや様々な届出もあまり必要ありません。
また強力なネームバリューのある本部の下でフランチャイズオーナーになれば個人で経営するよりも集客が楽だというメリットもあります。新規開店時には本部が宣伝をしてくれることもあります。

ではデメリットはどんなことがあるの?

いろいろ本部の援助や保護の下で店長として働ける分、いろんな面で制約があります。フランチャイズにふさわしいのか常に本部に監視されますし、似つかわしくないと判断されると契約を解消されてしまう可能性だってあります。
そして毎月本部に契約料金を払う必要があります。売り上げの規定のパーセンテージを払う場合と、月額固定で決まった額を払う2つのケースがほとんどです。もし自分がオーナーの店なら売り上げた利益は全部見せのものですがフランチャイズオーナーはそういう訳にはいきません。

決めるのはあなたの価値観

自分で全部自由に決めて店を経営したい人にとってフランチャイズ形式は制約が多く向きません。しかし店長になってみたい、自分であれこれ決めていくのは面倒というタイプの人にはピッタリかもしれません。

関連する記事