自分で美容室を持つまでの道のり

美容師であれば、誰もが自分のお店を持つことを憧れるでしょう。美容室を持つまでにどんな苦労があるのでしょうか? - 自分の美容室を持つまでの道のり

自分の美容室を持つまでの道のり

gtrshts今は美容室に勤務して毎月に給料をもらっている美容師さんでも、誰でもいつかは自分の店を持ちたいと考えたことがあるのではないでしょうか。
ここでは自分の美容院を持つまでの道のりとそれに必要な準備について紹介していきます。まだ今は考えていないと言う人でも、独立するにはこんな手順を踏んでいくんだと言うことを頭に入れながら仕事をすると、また働く心構えが変わってくるはずです。

資金の準備

自分の美容院をオープンするために一番の必要なことと言えば絶対に資金です。たくさんの資金を持っている人にとってお店を開店することは難しくありません。とりあえず店を構えると言うことは、そこまで難しくはないからです。ですからいつかは独立をと考えている人は、しっかり貯金をして少しでも資金を増やして準備をしましょう。

出店の使用を計算してみる

出店するに当たり、どれくらいの費用がかかるのか把握しておくのは非常に重要なことです。規模によってかなり差があるのではっきりとした金額は言えません。しかしもしあなたが東京23区内で座席4つ、10坪程度の広さ、駅徒歩5分のお店をビルの5階に出そうとすると、少なくても600万円はかかります。これは単に出店費用で運転資金は含まれません。都内の有名大型店は数億円かけて出店しているのが現実です。
一方、地方では都心と比べると出店費用はグッと落ちます。立地場所によっては都心の半額程度で出店が可能です。もちろん全て自分の貯金から資金を調達して出店する必要はありません。お金を借りて出店をする人がほとんどです。しかし自己資金400万円程度はあると安心です。

店の戦略を考えてみよう

お店を出すだけなら誰でも出来ます。難しいことはありません。しかし一番大変なのは「続けていくこと」です。店を持つと言うことは美容院を経営していくと言うことですから、戦略的な思考が必須です。地域の相場に合わせた値段設定や、広告をどの媒体にどれくらいの頻度で出すか、スタッフは何人必要かなど様々なことを考えていかなくてはなりません。
また最近では流行のサイクルもどんどん短くなっているので、その都度戦略を練り直す必要があります。昔の方法ではうまくいかなくっているのです。逆を言えば柔軟に時代の風を読むことが出来れば、成功しやすい時代なのです。

人脈を作っていこう

ewrhrs美容院の経営はひとりの力だけでは続けていくことは出来ません。必ず相談できる人や仲間が必要です。日ごろの生活から美容師の仲間を数多く持つことで、独立の際にいろいろ相談に乗ってもらうことも出来ます。優秀で志の高い仲間を持つことが出来れば、自分の店を開く夢はグッと近づいてきます。
また美容師以外にもいろんな業界の人脈を作っていくことでで経営に対する知識も深まります。また様々な人脈から得られる知識を利用して、新しいあなたらしい美容院を作り上げることも出来るでしょう。美容院は今サービスやテクニックなどは大きな差はありません。やはりそこで働く美容師の人間力が大きな決め手となってお客さんを呼べるのです。

今からでも少しづつ夢に近づこう

三つの大切な準備項目を紹介しましたが、どれも明日すぐに準備できるものではありません。お金もコツコツ貯めていくことが必要ですし、戦略もいろんな美容室を参考にしながらすこしづつ練り上げていけばよいのです。そして仲間も毎日の出会いの中で増やしていく必要があります。
このように日々の生活の中で少しずつ将来の夢に向けて今から準備をしていきましょう。
全国の美容院検索TAYA:美容院・美容室・ヘアサロン|TAYA NET [タヤ ネット] http://tayanet.jp/